8月の勉強会

こんにちは。
西川津店の薬剤師の石川です。


8月24日に漢方薬についての勉強会がありました。
今回は何か1つの薬に着目したものではなく、漢方全体のお話でした。



漢方というと中国で発展して伝わってきたものというイメージがあると思いますが、
実は中国の伝統医学を基に日本人の体質に合わせて、日本で発展してきた医学なのです。


そういった歴史のある漢方薬の必要性が近年高まってきています。
理由としては
\祥量瑤砲茲觴N鼎世韻任聾続Δあるから
近年、漢方薬に関する科学的なデータが報告されてきたから
などが挙げられます。
実際、西洋医学的な治療を行っても良くならなかった人に対して、
その人の「証」(状態)に合った漢方薬を投与すると症状が改善してきたという報告が多くあります。


こういった話を耳にすればするほど、漢方の世界は奥が深いなと感じます。


また、今回の勉強会では漢方薬を選択するために重要となる患者の「証」をどうやって判断するか
その判断材料になる「気」「血」「水」、「虚」「実」、「寒」「熱」の概念について、
また、実際の漢方医学の診断方法である「四診」についてのお話もありました。
これらは大変重要な所ですが、なかなか理解できません。本当に難しいと感じます。


最後に、漢方薬の試飲をさせて頂きました。
漢方薬というと苦くてまずいというイメージがあると思いますが、
実際に飲んでみると、独特な香りはありましたが甘みがあり飲みやすかったです。


その後、質疑応答を経て「漢方」の勉強会は終了しました。


今回の勉強会で、「漢方の世界」の不思議さ・奥深さを強く感じました。
漢方はとっつきにくいな と今までは思っていましたが、
今回の勉強会を機に、奥の深い漢方の世界について興味をもつようになりました。
講演して頂いたツムラの担当者様ありがとうございました。

7月の勉強会

こんにちは。
黒田店の薬剤師 石川です。


7月6日にスギ花粉症の減感作療法薬である
「シダトレン」の勉強会がありました。


この薬はスギ花粉のエキスを毎日舌の下に投与し、
体が反応しないように徐々に慣らしていくというものです。


注射による同様の治療は今までもありましたが、
自宅で服用できる舌下投与を可能にした製剤は
この「シダトレン」が日本で初めてです。


治療期間は長期に渡りますが、
有効率は80%にのぼると言われています。
そういった経緯もあり皆さん真剣に話を聞いています。


一通りの説明を受けた後は質疑応答を経て、
「シダトレン」の勉強会は終了しました。


今回の研修も大変有意義な、勉強になるものでした。
それに併せて薬剤師は日々勉強しないといけないと改めて感じました。
講演して頂いた鳥居薬品の担当者様ありがとうございました。

新入社員合同研修会

初めまして。
リクルート・新人研修担当の薬剤師 山本です。
 
遅くなりましたが、4月6,7日に東京で行われた「新入社員合同研修会」に
新卒薬剤師2名が参加してきました。
 
2日間、社会人の基本から、ディスカッション、プレゼンなどみっちり学びました。
 
2日目には、前日の宿題を参加者約40名の前でプレゼン。

二人ともかなり緊張しています。
見ている私までドキドキです。二人とも頑張って!


「プレゼンの準備であまり寝ていません。」と話していた二人。
昨夜の準備のかいがあり、二人ともきちんと発表できました。
さすがです!!優秀!!
 
休憩時間も参加者同士で名刺交換の練習や、情報交換など・・・。
休む暇もなく、緊張しっぱなしでした。
 
そんな2日間も無事に終わり、帰路に着く頃には二人ともヘトヘトでした。
本当にお疲れ様でした。
 
研修はまだ続きますが、これからも頑張って下さいね!
期待しています!!          

 


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM