ベイスンの効果について

血糖値を下げる薬の中に、α-グルコシダーゼ阻害剤というものがあります。
その中でも最もよく売れているのは武田のベイスンでしょう。(他セイブル、グルコバイあり)
これは一体どのようにして効果を発揮するのでしょう?
そしてベイスンの用法は1日3回毎食直前が基本ですが、果たして1回服用するとどのくらい効いているのでしょうか。
(実は後者について、ベイスンのインタビューフォームを見ても「作用発現時間・持続時間 該当データなし」となっております。)



ベイスンの作用機序ですが、
食事によって接種した炭水化物や糖分など(多糖類)は、体内に入った後、いくつかの酵素によって分解された後、小腸から吸収されることになります。
この過程で炭水化物・糖分は、最終的には二糖類(糖が2つくっついたもの)から、糖分の最小単位である単糖類(主にグルコース)にまで分解されないと、エネルギーとして小腸から吸収することができません。
この二糖類 → 単糖類への分解を担っている酵素がα-グルコシダーゼであり、ベイスンはこの酵素を阻害する作用があります。


では、ベイスンを飲むと食べたものが吸収されなくなるのか?というと、そうではなくて、
あくまでも吸収を遅らせるという作用です。

つまり、小腸には無数のα-グルコシダーゼがあり、通常用量のベイスンではこれら全てを阻害するには到底及びません。(もちろん全てを阻害できるくらい多量のものを飲めば、完全に吸収は阻害されます)
ベイスンが小腸まで到達した後、上部から順に酵素に結合していくので、
小腸上部のα-グルコシダーゼは阻害された状態ですが、小腸下部のα-グルコシダーゼはまだ活きたままなのです。

つまりどういうことかというと、
通常ならば食事をした後、小腸上部からグルコースの吸収が始まるわけですが、
(正常ならば大体30分〜60分くらいで血中の血糖値はピークになります)
ベイスンを飲むと小腸上部で吸収されるはずの糖分がなかなか吸収されず、食べたものが小腸下部にまで到達してようやく分解されて吸収されるようになるということです。

なのでベイスンを飲んだからと言って、吸収が少なくなるのではありません。
トータルとして吸収される糖分量・エネルギーは同じだということです。


では、それの何がよいかというと、食後血糖値が急にぐんっとあがるのを防ぐということなのです。


血糖値が高くなるとそれを下げるためにインスリンをたくさん出さなければなりません。
インスリンがたくさん出ると、糖分・脂肪分が貯蓄されやすくなり、肥満の原因になります。
一生のうちで出せるインスリンの量というものには限界があるので、あまりにも血糖値が高い状態が続くと膵臓が疲れてきて、インスリンが出にくくなります。
また、太ってきたりすると、インスリンが体内で効きにくくなり、筋肉などにエネルギーが取り込まれにくくなってしまいます。
そして血糖値が高いと、血液中の糖分は血管に悪さをし始めます。
そう、糖尿病で何が怖いかというと、血管がだめになってしまうことに他なりません。
症状が出やすいのが細い血管だと目、脚、腎臓、
太い血管がだめになると、心筋梗塞、脳梗塞を起こすことになります。

つまりベイスンは常日頃から血糖値が高い人に対して、
食後にぐんっと血糖値があがってしまう状態を抑えて、ゆっくりゆっくりなだらかに血糖値があがるような状態にしてやりましょう、という薬なのです。

ということは、決められた食事を一気にガツガツ食べるのではなくて、時間をかけてゆっくり噛みながらゆっくりゆっくり食事をすると、実はベイスンを飲んでるのと似たような状態になります。
(忙しい我々現代人にとってはそんな食生活を続けるのはなかなか難しいことであるかとは思いますが…)
ベイスンの副作用は、腹部膨満感、放屁、下痢が断トツですが、副作用などでベイスンの服用をあきらめてしまった人は、こういった食事の仕方をすれば、より血糖値が低く抑えられます。


そもそも、ベイスンの開発は実はやせ薬を目的として開発されていましたが、
その目的を達成できるような量を飲むとなるとあまりにも下痢などの副作用がひどくて途中で断念することになったそうです。

それに加えて、実はベイスンは現在スイッチOTCの候補になっています。(つまり市販薬として発売される可能性があるということです)
(これには学会や専門の方などは反対しているようですが)

ベイスンは比較的安全性が確立されている上、(単独で飲む場合には低血糖になることは稀です。)
食事療法・運動療法を行っても血糖値が改善されない人に対して、2型糖尿病の発症抑制を目的とした保険適用があります。
つまり、糖尿病と診断される前から、血糖値が高めの人はベイスンを早めに飲んで、糖尿病に移行するのを防ぎましょうということが言われているのです。


(ちなみにお気づきかと思いますが、ベイスンは食事に先回りしないと本来の効果が発揮できません。
なので食事より前に服用するよう心がけて下さい。)



ところで、ベイスンは小腸内で効果が出る薬であり、血中に吸収されることはほとんどありません。
普通の薬なら血中の濃度を測ることで、薬がいつまで効いてるかということが推測できるのですが、ベイスンの場合はそうはいきません。
では、どのくらい効き目があるのか。(作用時間)
メーカーに聞いたところ、ヒトでの臨床試験で、2時間〜4時間くらいは効果が続いているようなデータがあるということです。
ベイスンがα-グルコシダーゼに結合している間は阻害作用があると考えると、一度解離したりして失活するまでその作用が続くと考えれます。
ラットでの高用量の試験では6時間たっても小腸下部〜大腸にスクロースが吸収されず残ったままでした。
つまり高い用量ではそれくらいの時間(6時間)は少なくとも小腸下部に関しては阻害活性が続いてると考えれます。
しかし6時間後、肝心の小腸上部に関しては効き目がどうであるか不明です。
また、あまり長い時間が経つと、ベイスンの作用が仮に続いていたとしても、
小腸内部で新たなα-グルコシダーゼが生成している可能性があり、
その量によってはベイスンがあったとしても糖分は分解され吸収されることになります。

ベイスンの用法が基本1日3回であることを鑑みると、
通常用量では1回の服用で2回分の食事に対する効果をまかなうには不十分であるのでしょう。

つまり先に書いたとおり、個人差はあるにせよ、作用時間は大体3時間前後という考えが妥当なのかな、と個人的には思います。(詳しいデータがあるわけではないので断言はできませんが)



さて、糖尿病の治療の基本は食事療法・運動療法です。
何事にもやはり健康的な生活が一番。
将来、ベイスンが市販されるようなことがあるのかどうか定かではありませんが、
薬に頼る前に、自らの生活を見直すことができたら…と自分を戒める意味も込めて今日のところは終わりにしたいと思います。

花粉もピークを過ぎました

4月も下旬に入りましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
花粉症の方はまだつらい毎日をお過ごしかと思いますが、そんな方に朗報です。

現在の花粉の飛散状況ですが、スギ花粉は終息に向かっております。
スギ花粉が少なくなってくると今度はヒノキの花粉が飛びますが、
ヒノキも現在、西日本ではピークを超えたそうです!
(逆に東日本では今がヒノキのピークのようですが)

あとは、次第に花粉量は減って来るでしょう。
実際、耳鼻科にかかる花粉症の患者さんも今ではもうだいぶ落ち着いているようです。
と言っても、場所によってはまだ多く飛んでるところもありますので、
今月いっぱいくらいは油断せずに花粉症対策を続けましょう。

それ以外の花粉にアレルギーのある方は、なるべく症状が出ないよう、今後も生活環境・生活習慣などに気をつけて下さいね。

予防接種再開

先月、乳幼児が続けて死亡したことにより、接種が一時見合わされていたプレベナーとアクトヒブについてですが、「ワクチン接種と死亡例との間に直接的な因果関係は認められない」として、この4月1日より接種が再開されております。
接種については、お子さんの体調も見ながら各医療機関と十分に話し合った上で、接種するかどうか決めるようにしましょう。

なお、サーバリックスについては、引き続き供給不足のため接種できない状態が続いています。

以下、リンクを貼っておきます。
厚生労働省の案内
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000167mx-img/2r985200000167oe.pdf

松江市のページ
http://www1.city.matsue.shimane.jp/kenkou/kosodate/kenkou/yobou/yobou.html

西川津店通信 腰痛について

西川津店では高齢の患者様も多く、腰痛でお困りの方が居られると思います。
そこで今回は腰痛について少しお話しさせていただきます。

原因は様々で普段の姿勢の悪さや老化、脊椎の異常や腰だけでなく
腎臓などの内臓疾患が原因だったり、ストレスやヒステリーなど精神的な原因でも起こります。
まずは、医師の診察を受けることが大事です。医師の検査や治療を受け、その後日常生活においても再発予防に努めましょう。


日常生活の注意点について

・起床時の注意
夜間休んでいた筋肉をいきなり動かすと突然痛んだりします。朝起きたら、布団の中で背筋を伸ばす軽いストレッチをして筋肉を解しましょう。

・物を持つとき
立ったままで床のものを持ち上げたり、中腰でものを移動させると腰に負担がかかります。片足を一歩前に出し膝を曲げながら腰を落とします。そして、ものをしっかり体に引き寄せて膝を使って持ち上げましょう。また、バッグを持つときは、片手だけで持たずに左右同じ重さになるよう両手で持ちましょう。

・中腰作業
10cm〜20cmの台に片足を乗せて作業したり、椅子に座って行うと腰への負担が少なくなります。

・背伸び
高い位置のものを取るときは背伸びをせず、踏み台を使いましょう。

少しですが例を挙げてみました。
普段の生活から腰への負担を減らす工夫をして、なるべく体を動かす生活を心掛けましょう。その他、お薬についても相談受け付けていますので、声をお掛け下さい。

肝臓の病気、血液1滴で即判定

今日はおもしろいニュースを見つけました。

血液中の新規酸化ストレスマーカーを発見
たった1滴の血液で、B型ウイルスキャリア、B型慢性肝炎、C型ウイルスキャリア、C型慢性肝炎、C型肝硬変、C型肝細胞がん、薬剤性肝炎、単純性脂肪肝、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)という9種類の肝臓の病気が一度にわかる診断装置が慶応大などのグループによって開発されたそうです。
しかも、測定時間はたったの30分。
費用は2〜3万円の予定で、今後2〜3年での実用化を目指すそうです。

3/10 asahi.com

検索しても、朝日新聞の記事ばかりで、いまいち詳しいソースが見当たりません。
論文にはまだ載ってないのかな?


肝臓は糖質・脂質・蛋白質の分解や合成、有毒物質の解毒、胆汁の酸性、など非常にさまざまな役割を担っており、「人体の化学工場」とも喩えられる臓器ですが、
その一方で「沈黙の臓器」ともよばれ、肝臓に何らかの疾患やダメージがあっても、じっと耐え忍び、悲鳴を上げるようなことはありません。

実際に症状が現れてくるようなころになると、時すでに遅し、と言ったことが多いのです。
肝炎や肝がんといった病気や実は肝炎ウイルスに感染していた!などということも、たまたま健康診断などの血液検査で発覚した、というようなことが多いのが現状です。

輸血や母子感染などの可能性がなくなった現代では、肝炎ウイルス感染の原因は性交渉やタトゥーを入れる際の器具の使いまわしなどがほとんどで、そういう経路で感染するのはやはり若い人が多いと思うのですが、なかなか血液検査を受ける機会って意外とないと思うのです。


この測定が、どれほどの機械を使用するものか、どのくらいの設備のある病院でないと検査できないのか、などは定かではないですが、
こういった簡便な検査方法がもし一般的に広く用いられるようなことになれば、これからの肝臓疾患の治療のあり方や、肝臓疾患の有病率も大きく変わってくるのでしょうね。
C型肝炎などは、いまや治る病気と言われています。
肝硬変にまで悪化するようなこともこれならだいぶ減るのではないか、と期待しております。

しかしこのニュースだと、C型肝炎以外が原因の肝硬変は明記されていないので、これについては特定できないんでしょうか?
しかし、薬剤性肝炎もわかるっていうのは、なんだかすごいですね。
いまのところネックなのは価格…

ワクチン接種見合わせ継続

前回のワクチン接種一時見合わせの記事の続報です。
8日の専門家による検討会の結果、
「ワクチン接種と死亡に明確な因果関係は認められないものの、結論を出すには情報が少ないとして、接種の見合わせを継続することを決めました」
とのことでした。
また今月中にも再度検討会が開かれる予定とのこと。
世界中では広く使われており、それなりに安全性は確立されているはずなんですが…何が起こってるんでしょうかね、、


http://www.asahi.com/national/update/0308/TKY201103080518.html

肺炎球菌ワクチンとヒブワクチンの接種が一時中止に

前回、子宮頸がんワクチンの記事を載せたばかりですが、今度は他の2種類のワクチンについてのニュースが飛び込んで来ました。

小児肺炎球菌ワクチンの「プレベナー」およびインフルエンザ菌b型ワクチン(ヒブワクチン)の「アクトヒブ」が一時接種見合わせだそうです。

3月2日〜4日までの間で、このワクチンを接種したお子さんの死亡例が4例続いたためです。
いずれも、ワクチンによるものかどうかは今のところ不明だそうです。
4例のうち3例は、プレベナーとアクトヒブの同時接種、他1例はプレベナーのみ接種の方でした。
松江市でも2月から公費による助成が始まったばかりで、まさにこれからというときだったんですが。
原因が究明できるかどうかはわかりませんが、結局理由がよくわからない、ということになれば、今後接種が再開されば、リスクとベネフィットを考えたときに敬遠されてしまうようなことになってしまうかもしれません。
もともと任意接種のワクチンですし。

今度3月8日に厚生省で専門家による会議があるそうで、今後の対応についてはそれ以降、ということになります。
また情報が入れば照会しますね。

厚生省による案内
http://www.mhlw.go.jp/stf/kinkyu/2r98520000013zrz.html

子宮頸がんワクチン「サーバリックス」が品薄です

3月に入ってもうすっかり春かなと思っていたら、いきなり雪がつもったりと不安定な天気が続いてますね。

さて、この2月から松江市でも、ようやく任意接種のワクチン3種に対する公費助成が始まりました。(ようやくです!)
対象となっている方は市のほうから通知などが届いたかもしれません。

具体的なワクチンは

・インフルエンザ菌b型に対するワクチン(いわゆるインフルエンザウイルスの予防接種とは違います。)

・小児肺炎球菌に対するワクチン

・子宮頸がん予防(ヒトパピローマウイルスに対する)ワクチン

の3種類です。

それぞれのワクチンの詳細についてはまた別の機会にそれぞれ説明しようかと思います。


中でも、子宮頸がん予防のワクチン「サーバリックス」が現在全国的に品薄になっているとの情報がありました。
松江市ではこのワクチンの対象となる方は、この2月・3月では高校1年生の女性、今年4月からは中学1年生〜高校1年生までの女性で、計3回の接種が必要です。

年度末にかけて対象となる方のかけこみでの接種が全国的に多かったのも原因で、現在ワクチン自体が品切れのようです。
メーカーからの情報では、現状では供給の再開は7月くらいになるのではないか、とのお話でした。(場合によっては前後するかもしれません)
3回接種ですが、接種し始めた人の分用のストックくらいはあるのでしょうか…。
品切れのために、対象年齢から外れてしまって接種ができないような人もいるのかな?
自費だと、1回1万5000円〜2万円程度×3回 ですから、かなりの出費になってしまいますね。

早く供給が再開されることを待つのみです。

以下、松江市の案内のリンクを貼っておきます。
http://www1.city.matsue.shimane.jp/kenkou/kosodate/kenkou/yobou/


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM