5月の勉強会

こんにちは。

西川津店の薬剤師 石川です。

 

今回は、訪問看護の役割についての勉強会がありました。

 

訪問看護の概要や現状についてはもちろん、他にも実際の訪問事例を交えて

訪問看護の実際について、講師の先生にお話し頂きました。

 

 

そのお話しの中で、

旦那さんの薬がよく効くからといって、奥さんがその薬を勝手に服用したり

食後薬を食事を摂っていないからといって、服用しなかったり

むくみに対して利尿剤を服用している方が、むくみがひどくなってはいけないからといって水分摂取を勝手に制限したり

といった事例があった事を教えてくださいました。

薬剤師の立場としては、そういった事が起きているというのはなかなか想像もしない事で、

薬剤師の常識が地域の方々の薬に関する常識と一致していない事に気付かされました。

 

 

また、今回の講演の中で、「専門職の欠点は専門職」であるという言葉が印象に残りました。

確かに、薬剤師は薬の事ばかりに注目してしまい、それ以外の部分に注目できていない事が多いと思います。

チーム医療の中の各専門職がそれぞれ広い視野を持ち、

それぞれの職種が何ができるのかを把握し全職種が協力し合う事が、患者様を支える力になっていくと感じました。

 

 

最後に、在宅医療に限った話ではないですが、チーム医療の主役はあくまでも患者様本人なので

患者様が何を望んでおられるのかを常に考えて行動しないと、患者様からの信頼を得られないと改めて思いました。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM