12月の勉強会

こんにちは。
西川津店の薬剤師 石川です。


12月14日に勉強会がありました。
今回はグラクソ・スミスクラインのMRの方を招き、
気管支喘息とCOPD(慢性閉塞性肺疾患)に関するお話をして頂きました。



気管支喘息はよく耳にする疾患ですが、
COPDはよく知らないという方も多いのではないでしょうか。
COPDというのは肺の生活習慣病ともいわれており、
タバコの煙などで生じた肺の炎症により引き起こされる進行性の疾患です。

COPDの患者数は日本だけでなく世界中で増加しており、
2020年には虚血性心疾患・脳血管障害に次ぐ、世界の死亡原因の3位になると予測されています。


今回は甘く見てはいけないこれら2つの疾患の病態・治療目標・各々の重症度に応じた治療薬等
について、広く学ぶ事ができました。


また、吸入治療に使われる各種吸入器具の紹介もして頂きました。
気管支喘息とCOPDの治療には吸入薬がよく使われますが、
吸入薬には様々な種類があります。

それぞれで薬効が違う事はもちろんですが、吸入法も違い、
それぞれの吸入器具のメリット・デメリット、うまく吸入する為のポイントを再確認する事ができました。



(実際に自分達でも吸ってみました。)


気管支喘息やCOPDの症状を改善し、患者様の生活の質(QOL)を高める為には
それぞれの疾患について知ってもらい、吸入薬をはじめとする治療薬を医師の指示通りきっちりと服用して頂く事が重要です。
特に気管支喘息の場合は、咳が治まってきたら治ったと勘違いし
勝手に吸入をやめてしまう事が多いので、しっかりと吸入の意義・必要性について説明する必要があると感じました。

講演して頂いたグラクソ・スミスクラインの担当者様ありがとうございました。


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM