花粉情報サイトのご案内

まだまだ寒い日々が続き、インフルエンザも猛威を奮っている時期ですが、
そろそろ花粉についての話もちらほらと出て来ております。

今回は、MSDが提供している「花粉なう」というサイトをご紹介します。
http://kafun-now.com/
ここでは、日本各地の1時間ごとのリアルタイムの花粉飛散量を5段階のアイコンで知ることができるようになっています。
今後モバイルサイトではより詳しい花粉飛散量の情報を提供するそうです。
花粉量の多いときはマスクや眼鏡の着用、花粉の付きにくい素材の服装を心がけ、
入室の際には体に付いた花粉を払うようにしましょう。

このサイトにもあるように、
1月1日からの最高気温の累積を花粉温度と呼び、これが400℃になると、花粉が飛び始める目安となるそうです。
(ちなみに2/13までの累積では373℃なのでもうすぐ飛散が開始する見込み)
九州や関東・近畿の南側は2月中旬頃から、山陰などは2月下旬ころから飛散が開始すると言われています。

以前にも少し述べたことがありますが、
花粉症の症状がひどい方は早期治療を行うのが効果的と言われています。
現在使われているアレルギーの薬には、
今現在出ている症状を押さえる効果と、
花粉が入って来たときに、細胞を症状が出にくくなるような状態にする
(症状をひきおこす原因物質を細胞から出しにくい状態にする)作用の2つがあります。
花粉が飛散し始める1〜2週間前くらいから薬を飲み始めることで、
花粉が体内に入って来ても、そういう状態を保つことで、
比較的症状を軽く済ますことが出来ると言われています。
また、症状がひどくなってしまうと、鼻粘膜のバリア機能が失われてしまい、
花粉に対して通常よりもさらに敏感な状態になってしまうと言われていますし、
症状が悪化した状態で薬を飲んでも通常よりも効果が得られにくい人もいます。
早めに薬を飲み始めた方が、こういった状態になるのを予め防ぐことができる可能性が高くなります。
地域によってはそろそろ花粉の飛散が開始しますので、
症状のひどい人は、こういった早期治療についても考えて見てはいかがでしょうか。


また、ここのページでは花粉症の症状についての紹介、
並びに病院検索などのサービスもあります。
興味のある方は一度ご覧ください。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM