ビタミンB2について

先日ビタミンB1について紹介しましたが、今日は同じビタミンBの仲間であるビタミンB2について基本的なことを紹介します!

ビタミンB2には様々な働きがあります。

・ビタミンB2は「皮膚や粘膜のビタミン」と言われており、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。つまり、細胞の再生や成長などに深く関わっており、健康な皮膚や爪、髪などを作る働きがあります。

・ビタミンB2は「エネルギー代謝のビタミン」とも言われており、各エネルギーの代謝経路を円滑に回転させるのに必要な栄養素です。特に、脂肪の代謝(脂肪酸をアセチルCoAという物質に変える)に必要な栄養素でもありますので、脂肪燃焼やダイエットの方面でもよく目にするビタミンです。

・ビタミンB2は過酸化脂質を分解する働きがあります。
活性酸素という言葉をよく聞くと思いますが、この活性酸素がコレステロールなどの脂質と反応すると過酸化脂質ができます。悪者です。過酸化脂質は血管内においては動脈硬化、ひいては心筋梗塞や脳梗塞の原因になると言われてますし、皮膚内ではシミや色素沈着を起こしたり、アトピーを悪化させたりすると言われております。

・またビタミンB2はコレステロールを下げる働きがあります。(例えばビタミンB2のハイボンという薬は高コレステロール血症への保険適応があります。)

・その他、ビタミンB2は子供の成長に必要な栄養素であり、またビタミンB6を活性化させるのに必要な物質です。


ビタミンB2が不足すると、口内炎、口角炎、舌炎、目の充血や眼精疲労、肌荒れ、髪の痛み、脂漏性皮膚炎などが起きます。


ビタミンB2は水溶性のビタミンであり、吸収できる量にも限りがあるので、とくに摂りすぎても問題はなく、過剰な分は体外に排泄されていきますが、そのかわり蓄えておくこともできないので、定期的に摂取することが必要になります。

ビタミンB2が多く含まれる食品としては、レバー、うなぎ、のりやひじき、いくらやキャビア、たらこなどの魚卵、チーズ、納豆、卵、アーモンド、野菜などです。

ビタミンB2は水溶性であるため、水に浸けておくとどんどんと流れ出ていってしまいます。
野菜などを洗う際にはあまり水につけすぎないようにしましょう。
また、ビタミンB2は比較的熱に安定なビタミンです。
従って、加熱した際は煮汁などもあわせて摂取すれば、効率的にビタミンB2が摂れます。
また、光に弱いので、保存の際に日光に当てておくとビタミンB2は壊れてしまいますので注意してください。

また、脂肪分は多く摂るような人やアルコールを多く摂るような人は、ビタミンB2が多く使われて不足しがちになるので、多めに摂るようにしましょう。
また、たくさん運動をする人や、妊婦さんなども不足しないようたくさん摂るようにしましょう。

というわけで今日はビタミンB2について紹介しました。
今日の献立はビタミンB2がたくさん入った食材などを使ってみてはいかがですか?^^


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM