梅雨入り

 こんばんは。
薬剤師のOです。

6月に入り、島根県も梅雨入りしたようです。
梅雨の時期は、気分がドンヨリ・・・。それとともに体調も崩しがちですよね。

その原因のひとつとして、身体の水分の溜め込みがあるようです。
上手く水分が代謝できなくて、頭痛やむくみなどの症状を引き起こしてしまうんですね。

日ごろから出来る対処法としては、半身浴などをして意識的に汗をかく。また、水分摂取の際には冷えすぎたものは飲まないことが良いようです。

まだまだ梅雨は始まったばかりですが、夏に向けて体調管理を頑張っていきましょう!!


後、私事ですが、4月に植えたクローバーが咲きました!
(ワイルドストベリーは全滅でしたが・・)




あい〜と 新メニューでました

??-5.JPG


以前にも、こちらでご紹介した摂食機能の低下した方向けの食事、「あい〜と」ですが、
今回メニューに新しいものが追加されました。

以前は確かに少しメニューが少ないかもと思ってましたが、
今回倍くらいに増えていますね。

豚の角煮、ぶり大根、豚肉のねぎ塩焼きポン酢風味、ホタテ貝のガーリックバター焼き、彩り野菜のコンソメ煮、などなど


普段、実際に召し上がられてる方にとっては、メニューが増えるというのはやっぱりとてもうれしいことでしょうね。
どうしても飽きてくるでしょうし。
個人的には野菜メニューがもうちょっとあったら、と感じますが、
どんどんとこれから増えていくのかもしれませんね。
これから伸びていく分野だと思います。

ネットもしくはパンフレットからお申し込み下さい。 http://www.ieat.jp/
各店舗にパンフレットを置いております。


さてさて、早いものでもう一年が終わろうとしております。
もう年越しの準備はお済みでしょうか?
様々な事に追われて全然実感がなかったのですが、
今年の仕事もなんとか終わり、ようやく少し落ち着いてこのように年末の挨拶を書いたりしていると、
年越し2日前にして、あ、今年も終わるのかと実感が湧いてきました。
今年も1年間、拙いブログにお付き合いいただきましてありがとうございました。
また来年からも、頑張って更新していきますので、
何卒よろしくお願いいたします。
お正月休みも羽目を外しすぎないよう、しっかり体調管理には気をつけて、
よいお休みをお過ごし下さい。
ではまた来年にお会いしましょう。

摂食回復支援食 あいーと

ブログを書くのが少し久しぶりになってしまって申し訳ありません。
また、これからも定期的にアップしていきたいと思います。

さて、今回は「摂食回復支援食 あい〜と」のご紹介です。


あいーと.JPG


これは、噛む力が低下してしまった方用の新しい食品です。
通常、噛む力が低下して通常の食事が摂取しづらくなってしまった方は、
通常の食事を刻んだり、つぶしたりして摂取していることが多いかと思いますが、
今回のあい〜とは、見た目は普通の食事そのままに、
酵素の力で1000倍の柔らかさにしているため、
口に入れると噛まなくても舌でつぶせるほどの柔らかさだそうです。


やはり、食事はまずは見た目から、見た目がよくないとなかなか食欲も湧きません。
このあい〜とは見た目はもちろん、味も普通の食事そのものの味とのこと。
メニューも焼き魚から煮物、すき焼き風、カレーと現在15種類あるそうです。
(ちなみに飲み込む力が低下している方は状態にもよるので、医師などに相談してからご利用下さいとのことです。)

高齢化社会、こういったものの需要はとても高いんじゃないでしょうか。
これからはこういったアイディアが非常に大切になってくるのでしょうね。

グリーン全店に通販用のパンフレットを置いておりますので、興味のある方はご覧になってみてください。


ネットからの注文もできるみたいですので、こちらからもどうぞ。 http://www.ieat.jp/

ビタミンB2について

先日ビタミンB1について紹介しましたが、今日は同じビタミンBの仲間であるビタミンB2について基本的なことを紹介します!

ビタミンB2には様々な働きがあります。

・ビタミンB2は「皮膚や粘膜のビタミン」と言われており、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。つまり、細胞の再生や成長などに深く関わっており、健康な皮膚や爪、髪などを作る働きがあります。

・ビタミンB2は「エネルギー代謝のビタミン」とも言われており、各エネルギーの代謝経路を円滑に回転させるのに必要な栄養素です。特に、脂肪の代謝(脂肪酸をアセチルCoAという物質に変える)に必要な栄養素でもありますので、脂肪燃焼やダイエットの方面でもよく目にするビタミンです。

・ビタミンB2は過酸化脂質を分解する働きがあります。
活性酸素という言葉をよく聞くと思いますが、この活性酸素がコレステロールなどの脂質と反応すると過酸化脂質ができます。悪者です。過酸化脂質は血管内においては動脈硬化、ひいては心筋梗塞や脳梗塞の原因になると言われてますし、皮膚内ではシミや色素沈着を起こしたり、アトピーを悪化させたりすると言われております。

・またビタミンB2はコレステロールを下げる働きがあります。(例えばビタミンB2のハイボンという薬は高コレステロール血症への保険適応があります。)

・その他、ビタミンB2は子供の成長に必要な栄養素であり、またビタミンB6を活性化させるのに必要な物質です。


ビタミンB2が不足すると、口内炎、口角炎、舌炎、目の充血や眼精疲労、肌荒れ、髪の痛み、脂漏性皮膚炎などが起きます。


ビタミンB2は水溶性のビタミンであり、吸収できる量にも限りがあるので、とくに摂りすぎても問題はなく、過剰な分は体外に排泄されていきますが、そのかわり蓄えておくこともできないので、定期的に摂取することが必要になります。

ビタミンB2が多く含まれる食品としては、レバー、うなぎ、のりやひじき、いくらやキャビア、たらこなどの魚卵、チーズ、納豆、卵、アーモンド、野菜などです。

ビタミンB2は水溶性であるため、水に浸けておくとどんどんと流れ出ていってしまいます。
野菜などを洗う際にはあまり水につけすぎないようにしましょう。
また、ビタミンB2は比較的熱に安定なビタミンです。
従って、加熱した際は煮汁などもあわせて摂取すれば、効率的にビタミンB2が摂れます。
また、光に弱いので、保存の際に日光に当てておくとビタミンB2は壊れてしまいますので注意してください。

また、脂肪分は多く摂るような人やアルコールを多く摂るような人は、ビタミンB2が多く使われて不足しがちになるので、多めに摂るようにしましょう。
また、たくさん運動をする人や、妊婦さんなども不足しないようたくさん摂るようにしましょう。

というわけで今日はビタミンB2について紹介しました。
今日の献立はビタミンB2がたくさん入った食材などを使ってみてはいかがですか?^^

1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM